loading...

HUG for ALL(ハグ・フォー・オール)

ボランティアで参加HUG Member

「やってみたい!」「できた!」との出会いを

Asobi Quest

小学生向け

あそびクエストとは、子どもたちの「ワクワクする力と自分らしさ」を育むための、小学生向けのプログラムです。子どもたちの好きや得意を見つける多様な体験を、みんなで楽しみながら、それぞれの豊かな個性を発見し、未来の可能性をひろげます。

あそびクエストの流れ

  1. チェックイン
    まずはその時間、自分がどこで活動するかを自分で決めて、席に座ります。全員が席に着いたら、その時間でやることの説明を聞きます。

  2. あそびタイム
    プログラムの内容に応じて、自由に体験活動を行います。子ども自身が「わくわくする」「楽しそう」という気持ちや、子どもの主体性を大切に、危険がある場合以外は基本は子どもたちが自由に活動をします。本来のプログラムの趣旨から離れても、それはその子の創意工夫として肯定的に受け止めます。ボランティアや施設職員さんなど、大人も共に体験活動に参加します。年齢や立場に関係なく皆が一緒に同じことを楽しみ、それぞれが考えたこと・工夫したことなどが否定されることなく認められる時間です。

  3. チェックアウト
    その日の活動を振り返り、子ども自身が楽しかったこと・面白かったことをふりかえり、記録します。また、参加していた大人は、客観的に見たその子の「好き・得意」をフィードバックして、子どもの個性や強みを可視化していきます。

あそびクエストのキーワード

  • 大人も「いっしょに」楽しむ
    ファシリテーション役の大人以外は、参加している大人自身も、子どもたちと一緒に本気でその体験を楽しみます。同じ活動に大人も本気で取り組んでいる中で、他者から認められることが、子どもたちの大きな自信につながっていきます。

  • 子どもそれぞれの興味関心の広がりを促進する
    あそびクエストでは「決まったことをやらないといけない」というルールはありません。子ども自身がその時間の中で、興味関心のあることを見つけて、満足いくまでやってみることを推奨します。「~やっちゃダメ」ではなく「おもしろいね!」「いいんじゃない?!」と、子どもの考えたことを肯定し、いっしょに楽しみます。

  • 子どもの「好き・得意」を可視化する
    体験活動の中では、子どもたちの好きなこと・得意なことが数多く見えます。また、特に子ども自身が興味関心をひかれるものに出会ったときには、集中力も高まり、夢中になる様子が見えてきます。そんな子どもの姿から、子どもたちが好きなこと・得意なことを記録として蓄積することで、子どもの個性を認める機会をつくります。

他のプログラム

「対話」を通じて、学びに向かう力を育む

まなびクエスト

小学生向け

子ども1人に対し2名の担当ボランティアが継続的に関わる対話型コーチングプログラム。教え込むのではなく、大人も一緒に学ぶことで、子どもの学びに向かう意欲を高めます。

詳しく見る

自分らしく、社会で自立できる力を育む

はたちクエスト

中学生・高校生向け

実社会に触れる経験を通じて、自分らしい進路選択を考える体験型コーチングプログラム。自立して生活していくために必要な生活知識や知恵も、大人と一緒に楽しく学んでいきます。

詳しく見る